• ホーム
  • 妊娠中の方へ「マタニティ歯科」

お腹の赤ちゃんの健康のためにも
妊婦さんのお口のケアが大切です
maternity

お腹の赤ちゃんの健康のためにも妊婦さんのお口のケアが大切です

妊娠中は口腔内環境が悪化しやすい時期です。少しでも気になる症状があれば、小倉南区下曽根の歯医者「たんぽぽ歯科・矯正歯科」までお気軽にご相談ください。当院は、妊婦さんを対象としたマタニティ歯科にも対応しており、妊娠週数や体調に応じた診療を行っています。
※たんぽぽ歯科・矯正歯科は2021年7月開業予定の歯医者です。

妊娠中の健康リスクは「お口から」

妊娠中の健康リスクは「お口から」

妊娠中はむし歯や歯周病などのトラブルが起こりやすいと言われています。その原因には、妊娠中に見られる「つわり」や「ホルモンバランスの変化」があります。

つわりがひどいときは、歯ブラシを口の中に入れることさえ辛くなり、歯みがきが十分にできないことも。また、妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が増えることで、唾液の分泌量が減ります。唾液には口腔内の細菌を殺す自浄作用がありますが、妊娠中はその作用が弱まりむし歯や歯周病が起こりやすくなるのです。

妊娠中でも、ごく初期の時期と出産直前を除けば、いつでも歯科診療を行えます。出産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、今よりも歯科医院に行きにくくなってしまうでしょう。当院は北九州市妊産婦歯科健診対象施設ですので、気になる症状があれば妊娠中の今のうちにご相談ください。妊娠中の方の歯科検診の際には院長執筆の『プレママのデンタルケア』という冊子を無料プレゼントしております。

妊娠性歯肉炎
「妊娠性歯肉炎」とは、妊娠中に発症する歯周病のこと。歯周病と同様、歯ぐきが赤く腫れる、出血するといった症状が起こります。実は、妊娠性歯肉炎は喫煙や飲酒よりも早産・流産のリスクを高める病気。気になる症状があれば早めに診察を受け、適切な治療を受けることが大切です。
酸蝕症(さんしょくしょう)
酸により歯の表面にあるエナメル質が溶けてしまう病気です。冷たい飲食物がしみる知覚過敏や、むし歯のような痛みが起こります。酸蝕症はつわりによる嘔吐などが原因で起こるため、特につわりがひどい妊婦さんは要注意。嘔吐した後はしっかりうがいをして、口腔内に胃液を残さないようにしましょう。
むし歯
妊娠中、特につわりのある時期は偏食になる方も多く、フライドポテト、揚げ物、甘いもの、柑橘系、炭酸ジュース、辛いものなど多様なことも多くみられます。
糖分を多く含んだものをよく摂取されてしまう方は、糖分がお口に入るたびにお口の中が酸性となり、再石灰化を起こす時間(溶けた歯が治る時間)が短くなり、むし歯が生じやすい環境となります。

子どもを守るために「マイナス1歳」からのむし歯予防

子どもを守るために「マイナス1歳」からのむし歯予防

「マイナス1歳のむし歯予防」とは、赤ちゃんがお腹の中にいるときからむし歯予防をすること。お腹にいる赤ちゃんにはまだ歯が生えていませんが、乳歯の芽はママのお腹の中にいるとき(妊娠4ヶ月前後)に作られます。その時期に栄養が偏るとエナメル質形成不全が起こり、将来お子様の歯がむし歯になりやすくなると言われているのです。

また、ママにむし歯があると、お子様のむし歯リスクも高まることに。お子様の口腔内環境は、ママの生活習慣や口腔内環境に大きく左右されるからです。妊娠中、ママご自身がお口の健康に気を使うことが、生まれてくる赤ちゃんのお口の健康を守ることにもつながります。

妊娠中の歯科治療こそ大切

妊娠中の歯科治療こそ大切

生まれてくる赤ちゃんのお口の健康は、妊娠中のママのお口の健康に左右されます。お口にトラブルがあってもなくても、つわりなどが落ちついた安定期のタイミングで、一度歯科健診を受けてみましょう。その際は、小倉南区下曽根の歯医者「たんぽぽ歯科・矯正歯科」にぜひお越しください。

妊娠初期
4ヶ月(15週)まで
安定期前の妊娠4~8週は、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて、簡単な診査や歯みがき指導、クリーニングなどの簡単な処置のみ行っています。ただし、痛みなどの不快な症状があれば応急処置で症状をやわらげることも可能です。
妊娠中期
5~7ヶ月(16~27週)まで
安定期に入ったら、通常の歯科治療やレントゲン撮影、投薬ができるようになります。当院では妊婦さんとおなかの赤ちゃんの安全を第一に考え、歯科治療を行います。
妊娠後期
8ヶ月(28週)以降
妊娠後期になるとお腹がどんどん大きくなっていき、診療台に上がるのが難しくなっていきます。また早産のリスクも高まりますので、積極的な治療は行わず症状がある場合のみ応急処置を行います。治療が必要な場合には、産後体調が安定してから改めてお越しください。

妊娠中だからこそ、歯科健診が大切です! / 生まれてくるお子様の「将来」を守るための妊婦歯科健診のブログはこちらから