• ホーム
  • 痛くならないように「予防歯科」

一生ご自分の歯で過ごせるよう予防歯科を始めましょうpreventive

一生ご自分の歯で過ごせるよう予防歯科を始めましょう

ひと昔前までは「歯医者は歯が痛くなってから行くところ」という認識の人がほとんどでした。しかし最近は、「健康を保つために行くところ」という予防歯科の考え方が浸透しつつあります。小倉南区下曽根の歯医者「たんぽぽ歯科・矯正歯科」では、予防歯科に力を入れています。むし歯になってから歯を削る治療を繰り返すのではなく、痛みなどの症状が出る前に、予防歯科で歯の健康を守っていきませんか? 一生ご自分の歯で過ごせるよう、当院がしっかりサポートします。(2021年7月開業予定の歯科医院です)

なぜ「予防歯科」が必要なのか

なぜ「予防歯科」が必要なのか

むし歯になって歯がズキズキと痛んだり、治療で歯を削るときのキーンとした音が嫌いだったり……そんな経験から「歯医者は苦手」という人は多いのではないでしょうか。しかし、そんな人こそ、歯科医院に定期的に通って予防歯科を受けていただきたいのです。

予防歯科ではお口の健康状態をチェックし、むし歯や歯周病の原因となるプラークや歯石を取るクリーニングなどを実施します。定期的に予防歯科に通えば、病気を未然に防ぐことができ、むし歯治療で怖い思いや痛い思いをすることもありません。むしろクリーニングで歯がキレイになり、スッキリ気持ちの良い気分になれます。歯医者に苦手意識がある人こそ、ぜひ一度予防歯科を体験してみてください。苦痛なく診療を受けられるため、きっと歯科医院のイメージががらりと変わることでしょう。

当院が予防歯科に力を入れる理由

当院が予防歯科に力を入れる理由

予防歯科は、すべての歯科治療につながります。予防歯科で歯の健康を保ち、病気を寄せ付けずに過ごすことができれば、歯科治療は必要ありませんし、一生自分の歯で食事や会話を楽しめるのです。特に幼少期のむし歯予防は非常に重要。幼少期の歯の健康状態が、将来の歯の健康度に大きく影響するからです。以上の理由から、当院では小さなお子様からご高齢の方まで口腔内環境をベストな状態に導けるよう、予防歯科に重点を置いた歯科診療を提供しています。

お口の健康を守る、それは全身の健康を守るということ

お口の健康を守る、それは全身の健康を守るということ

お口と身体には密接な関係があります。健康な歯や正しい咬み合わせの方は身体も健康なことが多く、口腔ケアが行き届いていない方は持病を抱えていることが多いと言われています。

むし歯や歯周病は、適切にケアすれば予防できる病気です。きちんと予防ケアしていれば、生涯自分の歯で食事や会話を楽しめます。「お口は健康の入り口」と捉え、全身の健康を守るためにも、お口の健康を守っていきましょう。

予防歯科メニュー

定期健診

定期健診

歯科医師がむし歯や歯周病の有無やリスク、口腔内の健康状態をチェックします。定期的に定期健診を受けていれば、病気を予防でき、万一病気が見つかっても早期発見でき、治療も軽く済みます。

歯みがき指導

歯みがき指導

毎日当たり前のようにしている歯みがきですが、歯科医師や歯科衛生士が見ると実はきちんとみがけていないケースが少なくありません。歯みがき方法を見直すことで、口腔内の健康状態が大幅に改善することも。当院では、患者様の歯の形や歯並び、歯みがきのクセに応じたみがき方や、歯ブラシの握り方、歯ブラシやデンタルフロスなどの選び方まできめ細やかに指導します。また、小さいお子様がいるママパパには、仕上げみがきのアドバイスも行います。

PMTC

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Teeth Cleaningの略。歯科のプロが専用器具を使って行う歯のクリーニングのことです。歯と歯の間や歯と歯ぐきのすき間に潜むプラークや歯石、落ちにくい茶渋やタバコのヤニまで、キレイに落とすことが可能。むし歯や歯周病の予防のためには、PMTCを定期的に行うことが効果的です。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化しむし歯になりにくくする作用があります。歯にフッ素を塗布すると、むし歯になりにくい強い歯を作れます。フッ素塗布は特に乳歯のむし歯予防に効果的。定期的な実施で効果を持続させられます。

「痛くならないように」することが“将来を守る”ということ

「痛くならないように」することが“将来を守る”ということ

生涯健康な歯で過ごすためには、乳幼児期から適切な口腔ケアを受けることが非常に重要です。乳歯をむし歯にさせず健やかな口腔内環境を保てれば、大人になっても健康的なお口を保てます。また、幼い頃から歯みがきや定期健診を習慣化でき、歯の健康を保つ大切さが分かっていれば、将来ご自分で歯の健康を守ることもできるでしょう。

お子様の将来のためにも、まずはママパパが一緒に定期健診や口腔ケアに取り組むことが大切です。また、お子様が生まれる前の妊娠中の過ごし方や口腔ケアも、将来のお子様の歯を守ることにもつながります。たんぽぽ歯科・矯正歯科では、小児歯科、マタニティ歯科を通してお子様の歯の健康を守る診療もしていますので、ぜひご利用ください。

大切なのは「歯が痛くならないようにすること」 / 定期検診(メンテナンス)で安心な未来を