キッズクラブって何するの??BLOG

2021/01/06

キッズクラブって何するの??1

こんにちは!『家族みんなのかかりつけの歯医者さん』小倉南区下曽根のたんぽぽ歯科・矯正歯科の院長の吉用です。

 

キッズクラブって何なの??って思われた方もいらっしゃるかと思います。

何かめんどくさい取り組みをさせられるの??とは思わないでください。

 

私自身が考える本当の予防歯科とは、小児歯科だと考えております。小児歯科の目的というのは

 

健康な永久歯列を作り上げること

 

わかりにくいので・・・

 

乳歯の段階から全て健康な永久歯が生えるようサポートを行い、健康な永久歯のお口に育てていく

 

ということと考えております。

 

 

お子さまの体の成長は早いと感じられる方も多いかと思いますが、お口の中も大きく変化していきます。

お子さまの虫歯ができてしまった際に歯医者を受診することも多いかと思います。

しかし、乳歯の虫歯は永久歯と異なり、痛みがないうちに大きく進行してしまうこと多くあります。

 

キッズクラブって何するの??2

 

また、この図のように、進行が早く・見えないところで大きく進行してしまう・他の歯を巻き込みながら広がっていくという特徴があります。

 

そこで、このような意見もたまにお聞きします。

『乳歯って生え変わるんで、治療しなくてもいいじゃないの?』

 

 

キッズクラブって何するの??3

 

こちらの図にありますように、乳歯の虫歯は永久歯への影響を及ぼすこともあります。

 

つまり、乳歯だからと言って、油断していると、生え変わりの際に周囲の永久歯を虫歯にしてしまったり、乳歯の下で眠っている永久歯に影響を与えたりする可能性があります。

 

永久歯に生え変わりが進んでいる年齢は小学生になってからであり、仕上げ磨きを止めてしまっているご家庭も多くなってきている頃になります。

先ほどもお話をさせていただきましたが、小児歯科の目的は『健康な永久歯列を作り上げる』ことです。

 

キッズクラブは1歳~12歳までを対象としております。

その目的は、小児歯科の目的である『健康な永久歯列を作り上げる』としていますが、わかりにくいので、『お子さまのお口の健康のため、定期的に予防に通い、健康なお口に育てていく』ことを目的としています。

 

乳歯の段階で虫歯が出来てしまった場合には乳歯列のうちに治療を終わらせ、永久歯が生えてくる頃には虫歯ゼロ状態を守り抜くことを一番に目指しています。

 

虫歯になったら治療すれば良いのではないかと考える方もいらっしゃるかと思いますが、なぜ永久歯の虫歯を起こさないことを訴えるかと言うと、

 

 

キッズクラブって何するの??4

 

こちらの図のように、歯の治療にはサイクルがあるとされています。

 

キッズクラブって何するの??5

 

そして、それぞれの材料には耐用年数(取れてしまう、周囲に虫歯ができてしまう、欠けるなど)があり、一旦治療を行えば、数年単位で治療を繰り返してしまうことになります。そして、治療を繰り返すたびに歯は削られ、強度が低下し、最終的には抜歯の流れになることも少なくありません。

 

それでは、永久歯が生えたばかりの小学生の頃に虫歯ができてしまい、治療を行なった場合、早い場合であれば4・50代でその歯の抜歯につながる可能性もあるのです。

 

そこで、一生自分の歯で食べたいのであれば、

20歳までは永久歯に1度も虫歯を起こさないことを伝えております。

 

前置きが大変長くなりましたが、12歳頃に永久歯が生えそろいます。

 

つまり、

 

12歳までの虫歯予防が永久歯における虫歯予防につながり、12歳までの歯に対する意識、歯磨きは歯周病予防につながる

 

と考えております。

 

キッズクラブについて

入会金・年会費は無料です!

 

 

キッズクラブって何するの??6

 

・キッズクラブパスポート(連絡帳)プレゼント

・帰りにごほうびのガチャガチャ

・スタンプ3個ごとにステキなプレゼント

・キッズクラブ会員・会員OB /OGは矯正治療費10%OFF

・誕生日月にはケアグッズ30%OFF

フッ素無料塗布(通常1080円)

・初回歯ブラシ無料プレゼント

・院長執筆『お子さまの歯を守るための小冊子』無料プレゼント

 

 

 

定期的に検診に通っていただくことを目的としており、逆に言えば定期的に通ってもらえなければ、予防とは言えません。

 

そして、年齢ごと・お子さまの性格ごとにアドバイスをさせていただきます。

また、歯並びが悪くなる可能性のあるお子さまには、少しでも改善してもらえるためのサポートを行なってまいります。

 

そして、1番のメリットは、5歳以下のお子さまの治療はなかなか協力が得られず、難しいことも多くあります。しかし、キッズクラブで定期的に通っているお子さまは、信頼関係が構築されているため、スムーズに治療に移行することができます。(もちろん、全てのお子さまというわけではありません)

 

なぜかと言うと、私たちはお子さまのお友達・味方であることを全力で目指しています

 

信頼関係が構築できているかどうかが、特に6歳頃までの虫歯治療においては大変重要となります。また、3歳以降の記憶は鮮明に覚えていることも多いため、恐怖体験(無理やりされた、痛かった、大人たちに囲まれて説得され続けたなど)はトラウマに繋がってしまうことも多くあります。

 

歯医者に対するトラウマを大人になってもお持ちの方が少なからずいらっしゃいます。

歯医者を怖いと思わないように、ガチャガチャができて、優しい人たちがいっぱい褒めてくれる、楽しい歯医者と思ってもらえるように取り組んでいくこともキッズクラブの隠された目的となっています。

 

お子さまの虫歯予防のために定期的に楽しく通おうかなと思っている方はぜひ、ご入会ください。

 

何か不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

家族みんなのかかりつけの歯医者さん

たんぽぽ歯科・矯正歯科

院長:吉用 卓(よしもち たく)
国立大学 長崎大学歯学部出身
福岡県北九州市小倉南区沼本町1丁目10-2
HP:https://www.tanpopo-kokura.jp

TEL:093-475-4182

歯並び 審美 ホワイトニング 親知らずのご相談随時受付。
診療科目:一般歯科 口腔外科 小児歯科 矯正歯科

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/